1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 日本赤十字社(名古屋第二赤十字病院)

印刷する

日本赤十字社(名古屋第二赤十字病院)

ニホンセキジュウジシャ(ナゴヤダイニセキジュウジビョウイン)

  • 1001人以上
  • 医療法人/サービス業
  • 日本赤十字社(名古屋第二赤十字病院)
所在地 〒466-8650
愛知県名古屋市昭和区妙見町2-9
URL https://www.nagoya2.jrc.or.jp/
社員数 1850名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
総合病院

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

患者さんに安全で質の高い医療を提供するためには、職員一人ひとりが心身ともに健康で活き活きと働くことが必要です。
当院は、院長が「健康経営」を宣言し、職員自らが健康増進を意識できるよう、健康診断の徹底と指導、ストレスチェック、適切な働き方改革、スポーツ機会の提供など、職場環境の整備に積極的に取り組んでいます。

すべて開く閉じる

取組状況について

受診勧奨の取組

  • 期間
    2018年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・健康診断:誕生月に院内施設で就労時間内に実施しており、産休・長期出張中等を除くと100%の受診率である。
    ・健診後の受診勧奨:人間ドック学会基準を基に、当院各診療科部長の助言を得ながら受診勧奨基準値を設定し、その基準値を外れた職員に対して受診勧奨を行って、受診した結果を紙面で提出してもらっている。
  • 取組に対する成果
    ・疾病の早期発見、早期治療につながり、より健康な状態での就労へとつながっている。
  • 工夫したところ
    ・健康診断:イントラネットのメール機能を利用しての問診入力・日程変更・結果通知を行う事で利便性を高めた。
    ・受診勧奨:対象の職員に対し、保健師が直接説明するようにした。また結果報告を義務付けることで受診率の向上につなげた。

運動機会の促進

  • 期間
    2018年06月~現在継続中
  • 取組内容
    ・リハビリテーション室の既存機器(バイシクル、ランニング、ウエイト等)を利用した院内ジムを開設。職員であればだれでも利用できる。
  • 工夫したところ
    ・職員の希望により利用開始時間を開設当初より30分早めて17:30からとして利用しやすくした。
    ・看護部管理のシャワー室を誰でも利用できるようにした。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2008年06月~現在継続中
  • 取組内容
    ・新採用の職員へは、公認心理師が入社3ヶ月後に面談を実施し、不調の早期発見に努めるとともに、院内相談窓口としての広報を行っている。
    ・公認心理師によるこころの相談窓口等で休業前後のメンタルサポートを実施。
    ・メンタルヘルス不調で休業した者に対しては、休業診断書の発行から復職後6ヶ月まで産業医・保健師が所属長と共にサポートをしている。
  • 取組に対する成果
    ・公認心理師や産業医の意見を求められるようになったことで本人や現場の負担が軽減された。
    ・主治医と産業医との連携が進んだ。
  • 工夫したところ
    ・全ての職種において統一した流れで支援できるように、フローチャートを作成・広報した。

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・職員の健康管理を専門に行う部署(職員健康対策室)を設立(構成員:産業医、保健師、公認心理師、事務員)
    ・安全衛生委員会での計画・立案に関与。(産業医)
    ・健康経営対策室の室員として健康経営対策へ参画。(保健師)
  • 取組に対する成果
    ・職員の健康への意識が高まっている。
    ・産業医や保健師は健診や面談等で把握した問題を各種委員会等で協議し、問題解決に向けて検討できている。
  • 工夫したところ
    ・専属の産業医・保健師を配置し、健診や面談の充実等の体制を強化した。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2000年01月~現在継続中
  • 取組内容
    ・40年以上前から毎年職員旅行を実施している。2018年は、30班に分けて1,199名が参加した。
    ・2009年からはビールパーティーを開催しており、2018年は13回に分けて1,356名が参加した。
    ・他に家族参加型の運動会、夏祭りなども実施している。
  • 取組に対する成果
    ・普段話をする機会の少ない多職種、他部署間のコミュニケーションアップに役立っている。
  • 工夫したところ
    ・職員旅行は誰もが参加しやすく、様々な希望に添えるように、1泊2日2コース、日帰り3コースを設定している。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2017年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・これまでは疾病を抱える職員が継続して就労できるよう、所属長と人事課で個別的に支援していたが、2017年にメンタルヘルス不調者への復職支援プログラムを策定し、産業医と保健師も関与するようになった。また身体疾患を患った場合のプログラムも現在整備中である。
  • 取組に対する成果
    ・職場としても大切な人材を欠くことが無く、本人も就労継続することで治療の継続、心身両面及び社会的な安定につながっている。
  • 工夫したところ
    ・全ての職員が公平に利用できるよう制度を整備し、広報している。

保健指導の実施

  • 期間
    2015年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・人間ドック学会基準に準じ判定基準を設定し、結果判定をしている。
    ・健診当日の産業医診察時に過去の健診結果等を元に指導・助言を行っている。
    ・健診結果で生活習慣病予備群と判定された職員へは個別に保健指導を推奨し、さらに1ヶ月後にも再度推奨をしている。希望者に対しては、原則として就労時間内に保健指導を実施している。
  • 取組に対する成果
    ・特定保健指導率はまだ低いが、院内保健師による保健指導は時間や場所共に希望しやすく、指導希望につながっている。
  • 工夫したところ
    ・就業時間内に保健指導を可能にしたこと。
    ・院内メールを用いての受診推奨やフォローを行なっている。
    ・日頃からの声かけにより、保健指導対象外の職員へも健康への意識付けを行っている。

食生活の改善

  • 期間
    2018年08月~現在継続中
  • 取組内容
    ・給食業者と協働して職員食堂のメニューに週替わりのヘルシーメニューを導入した。
  • 工夫したところ
    ・毎週イントラネットに更新される献立表にカロリー表示をしている

禁煙対策

  • 期間
    2018年10月~現在継続中
  • 取組内容
    ・健康経営対策室室員(医師)が作成した、全8章、スライド150枚からなる「禁煙のすすめ」をイントラネットで広報した。
    ・2019年1月より職員向け禁煙外来を開設した。完全予約制で就業時間内に受診可能である。
    ・当院は敷地内全面禁煙となっている。
  • 工夫したところ
    ・スライドのボリュームが多いため1章ずつを隔週で掲載し、閲覧機会が増えるようにした。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2000年01月~現在継続中
  • 取組内容
    ・1978年から感染対策委員会を立ち上げ現在に至っている。
    ・現在は感染管理室を中心として院内感染予防対策を推進している。また全体教育や研修会などを実施すると共に、感染症情報を随時更新し、職員の意識向上を図っている。
    ・流行性ウイルス疾患に関しては、新採用者雇入れ時に抗体保有状況を確認し、抗体価が医療者基準に満たない場合は、費用の一部を病院負担でワクチン接種を実施している。
    ・インフルエンザワクチンの接種は、全職員を対象とし、費用の一部を病院負担で実施している。
  • 取組に対する成果
    ・院内感染予防対策につながっている。
  • 工夫したところ
    ・日本環境感染学会のガイドラインに準じて感染対策を行っている。

長時間労働への対策

  • 期間
    2016年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・直近2ヶ月の平均時間外が45時間以上の職員に対して、疲労度チェックの問診票をメール送付し、面談希望者に対しては産業医面談を実施している。
  • 取組に対する成果
    ・勤怠情報を健康管理スタッフが把握することにより、労働に関連する健康被害のリスクが把握しやすくなった。
    ・イントラネットのメール機能を利用したことで、面談希望の確認がしやすい状況になった。
    ・フローチャートの策定により、面談実施にまで至らない職員に対しても問診票を入力してもらい、疲労度の把握がしやすくなった。
  • 工夫したところ
    ・勤怠情報を産業医・保健師もタイムリーに把握できるようにした。
    ・時間外45時間以上の長時間労働者を対象とすることで対象者を広げ、健康被害の未然防止につなげた。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す