1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 名古屋総合システム株式会社

印刷する

名古屋総合システム株式会社

ナゴヤソウゴウシステムカブシキガイシャ

  • 31~100人
  • 医療法人/サービス業
  • 名古屋総合システム株式会社
  • 名古屋総合システム株式会社
所在地 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2丁目37番21号東海ソフトビル5F
URL http://www.nasubi.co.jp/
社員数 71名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
コンピュータシステム及びソフトウェアの開発、ネットワーク構成、クラウドサービス

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

名古屋総合システムは、社員の健康管理・健康づくりを通し、一人ひとりの能力を活かして仕事ができる「働きやすい労働環境」を整備し、ワーク・ライフ・バランスを意識できる会社を目指します。平成28年2月には愛知県知事より、愛知県ファミリーフレンドリー企業表彰を受賞、平成31年2月には経済産業省による「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」に認定されました。

すべて開く閉じる

取組状況について

適切な働き方の実現

  • 期間
    2017年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・週1回(木曜日・金曜日のいずれか)をノー残業デーとして設け、サイボウズ(組織内で情報共有が可能なアプリケーション)にて全従業員の予定表に記載することで周知している。
  • 取組に対する成果
    前年度と比較して、年間約13%の残業時間削減を実現した。
  • 工夫したところ
    始業と終業時に今日行うことを上司に報告することで、社員が定時で帰るように意識を高めた。
    また、どうしてもやむを得ず残業をする場合は、上長の許可を得なければならないようにした。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2000年08月~現在継続中
  • 取組内容
    ・社員旅行
    毎年冬頃開催。従業員の家族も費用を一部会社負担することで、家族もリフレッシュしてもらえるように心がけている。

    ・富士登山
    毎年8月に開催。コテージを貸切にし、BBQ等をすることで社員同士の交流を促がした。
  • 取組に対する成果
    社員旅行は約70%以上の参加率となっており、社員の家族も参加可能としたことで、家族ぐるみでの付き合いが深まった。

    富士登山では、会社イベントの内容に幅を持たせたことで多くの従業員が関心をもち、定員20名のところ定員オーバーするほどの参加申し込みがあり、以前より積極的に参加する人数が増え、よりコミュニケーションの促進に繋がった。
  • 工夫したところ
    社員旅行では、費用を一部負担することで、従業員の家族も参加しやすい雰囲気づくりを試みた。

    富士登山では、より多くの従業員が参加しやすいようにBBQや観光地巡り等のイベントの内容に幅をもたせるようにした。

長時間労働への対策

  • 期間
    2007年12月~現在継続中
  • 取組内容
    ・1ヶ月あたり45時間を超えることを予想されたら、事前に上長に申請をさせることで抑制効果を促している。
  • 取組に対する成果
    ノー残業デーを取り入れた年度では、残業時間45時間を超える回数が年間で約48%削減できた。
  • 工夫したところ
    ノー残業デーの実施において、上司が率先して帰宅するようにし、部下に早く退社するように促した。

    45時間を超える見込みがある社員に対して、事前通告をすることで長時間労働の抑制に繋がった。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2000年10月~現在継続中
  • 取組内容
    ・定期健康診断の案内時に女性健診・脳ドック等オプション検査助成金の案内をし、受診勧奨を行っている。

    ・愛知情報サービス産業健康保険組合で年一回、大腸がん、子宮頸がん健診(セルフ)を実施しており、案内を全従業員に通達し受診勧奨を行っている。
  • 取組に対する成果
    大腸がんの受診率は約46%(2018年実施)、子宮頸がんの受診率は約18%(2017年実施)である。
  • 工夫したところ
    従業員の年齢に応じて3段階の定期健診内容があり、35歳以上の従業員に対しては、大腸がんの受診が含まれる内容を案内している。
    健診内容変更の希望者には、助成額との差額を本人負担とすることで変更可能としている。

    朝礼時に、人事総務部が全社員に積極的に受診するように周知を行っている。

運動機会の促進

  • 期間
    2000年10月~現在継続中
  • 取組内容
    ・愛知県情報サービス産業保険組合が行っている年2回の「けんぽれん健康ウォーク」の案内をサイボウズを利用し、周知している。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2012年04月~現在継続中
  • 取組内容
    ・メンタルヘルスに関する相談窓口として、人事総務部が担当し、その旨を年一回開催される全体会議の際に従業員に周知している。

    ・愛知県情報サービス産業健康保険組合が行っている「情報けんぽ健康相談・メンタルヘルスカウンセリング」にてwebでの相談・電話で相談が可能であり、社内にポスターを提示している。
  • 取組に対する成果
    直近2015年では2件面談が行われた。
  • 工夫したところ
    長時間労働の従業員に人事総務部が直接本人に面談を希望するかどうかを声をかけるようにしている。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2017年05月~現在継続中
  • 取組内容
    ・妊娠中の従業員に対し、数回面談を行い、休憩場所の確保・通勤緩和措置・短時間勤務・残業免除を実施している。
  • 取組に対する成果
    2017年に妊娠した従業員が一人おり、出産前に2回、職場復帰前には3回面談を実施した。

    従業員の要望を聞いた上で、通勤中に通院可能な「時間内通院」、職場復帰後でも出社と退社時の30分の遅出と早退を認める「通勤緩和」、病状に対応する措置として短期時間勤務や休業等を選択可能とする制度を適用した。
  • 工夫したところ
    人事総務部が職場に関する悩みの相談窓口となり、従業員の悩みや要望に応じて会社や法律の制度の説明することを実施している。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す