1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 株式会社トップライン

印刷する

株式会社トップライン

カブシキガイシャトップライン

  • 31~100人
  • 製造業/その他
  • 株式会社トップライン
  • 株式会社トップライン
所在地 〒485-0082
愛知県小牧市村中葭池1244-1
URL http://www.top-line.biz/company
社員数 34名
業種 製造業/その他
業務内容
一般貨物自動車運送業、貨物軽自動車運送業、貨物利用運送事業、特別管理産業廃棄物収集運搬業、PCB廃棄物収集運搬

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

弊社は、経済産業省より『健康経営優良法人』の認定を受け、

社員へ、3つの健康(身体的・精神的・経済的)の推進の為以下のことを実施しています。



~社員の健康が会社の健康!~

身体的健康のために
•短時間就労者を含め、健康診断受診率100%の継続
•食生活の意識改善促進
•感染症に対する意識改善促進

精神的健康のために
•ストレスチェックを行い心身ともに健康状態の把握に努める
•定期的に個別面談を行う
•社員のコミュニケーションアップに努める

経済的健康のために
•身体的・精神的疾病に陥った場合も治療と仕事の両立を支援する

すべて開く閉じる

取組状況について

受診勧奨の取組

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断を依頼している提携医療機関・伊藤整形内科・検診センターと連携し
    要再検査の従業員へ、再検査を受診するよう促した。健康診断結果を2部発行、会社でも保管し健康推進担当者が結果の確認を行い、再検査の従業員を把握した。
  • 取組に対する成果
    健康診断 受診率100%となっている。
  • 工夫したところ
    配車担当者と本人の都合を打合せし、本人任せにせず確実に再検査を受診するシステムをとっている。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    労働大臣告示「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」にのっとり、
    就業規則内で業務時間の上限を定め、デジタルタコグラフィにて日々労働時間の集計を行い、負荷の偏りをなくすよう管理した。例外として繁忙期により超過してしまった場合は、次月に有給休暇を確実に取得し、前後の月単位で合計時間が相殺できるよう配車担当者が日々調整して管理している。
    その管理の中で、配車担当者が業務と休暇のバランスを従業員ごとに把握している。休暇は有給休暇の消化日として、また従業員の希望する休暇日には業務を他従業員に割り振るなど、プライベートの時間も有意義になるよう業務配分を常に行っている。
  • 取組に対する成果

  • 工夫したところ
    人員確保と労働時間分散の為、週休3日の従業員を新規で雇用し、従業員の業務負担の平均化を図った。

保健指導の実施

  • 期間
    2018年03月~現在継続中
  • 取組内容
    定期健康診断の結果を健康推進担当者が確認し、提携医療機関・伊藤整形内科健診センターの保健師と連携して保健指導を実施した。
    特定保健指導が必要な従業員の受診のための勤務シフトの時間調整を行い、確実に保健指導の最終フォローまで行った。
  • 取組に対する成果
    特定保健指導を受け、メタボリックシンドローム改善の助言を受け体重が減少した従業員や保健師からの助言をすすんで仰ぐ従業員がみられ、各従業員の健康への意識が高まっていると考える。
  • 工夫したところ
    専門的な知識と指導を得るために、会社内のみでなく外部の医療機関の指導を仰いだ。

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    労働安全衛生法に定められたストレスチェック制度の手順に準じて実施
    した。
  • 取組に対する成果
    ストレス負荷の大きな従業員の把握ができ、不調予備軍の管理につながっている。

産業医または保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

  • 期間
    2018年03月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断後、提携医療機関・伊藤整形内科健診センターの保健師と連携して健康管理を理解するための研修を行った。
  • 取組に対する成果
    健康診断直後の保健指導を受けたことで、診断書の内容を把握することができ、各従業員の健康への意識が高まったと考える。
  • 工夫したところ
    専門的な知識と指導を得るために、会社内のみでなく外部の医療機関の指導を仰いだ。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    健康診断後、健康管理を理解するための研修及び健康に関する情報提供。
  • 取組に対する成果
    健康診断直後の保健指導を受けたことで診断書の内容を把握することができ、従業員の健康への意識が高まったと考える。
  • 工夫したところ
    健康診断を依頼している提携医療機関・伊藤整形内科健診センターの保健師を招き健康診断の見方の指導を受けた。
    不眠・高血圧・エコノミー症候群の防止など、ドライバーに特化したものや当社従業員の健康管理に必要な内容を主に取り上げた。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2017年12月~現在継続中
  • 取組内容
    従業員全員参加で餅つき慰労会
  • 取組に対する成果
    管理職、従業員関係なく餅つきのつく役、こねる役を交替し合い、連携を図りながら作業し、コミュニケーション向上につながった。
  • 工夫したところ
    一年の最終業務終了後、当社駐車場など敷地内にて行った。ドライバーの勤務時間は一定でないため、朝から夕方まで開催時間を長時間とり、できるだけ多くの従業員が参加できるよう工夫している。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    疾病がある従業員への休暇付加と職場復帰支援。
    就業規則第42条第2号にて、身体上の疾患により労務提供が不完全であり、またその回復に一定の期間を要するときには、会社指定の診断書を提出の上、上限4カ月まで休職を認めている。その後、治癒した際には職務に復帰させるが旧職務への復帰が困難な場合には異なる職務に配置することも定めている。
  • 取組に対する成果
    私傷病の発生した従業員へ個別に対応した結果、それぞれに適した療養期間と復帰時期を決定できている。
  • 工夫したところ
    相談窓口である業務課長(健康推進担当者兼任)との個人面談の上、休職を認め各従業員に応じて復職可能な職務への配置転換を行い、復帰を支援している。

食生活の改善

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    健康に対する情報の発信と、栄養価の高い青汁を摂取し、心身ともに健康になる。
    従業員の健康状態と生活動向に合わせた喚起掲示物の作成と社内展開を行った。
  • 取組に対する成果
    従業員全員が継続して健康食材の青汁毎日摂取することを目標とし、実施できている。青汁摂取によって体調の良し悪しの会話につながり、従業員の健康意識の向上へつながっている。
  • 工夫したところ
    単身者が当社従業員に多いため、偏りがちな外食においても出来るだけ栄養価の高いメニューの選び方や摂取の方法をイラストを交えて分かりやすく紹介した。
    摂取しやすい健康食材の青汁を積極的に取り入れた。

運動機会の促進

  • 期間
    2018年08月~現在継続中
  • 取組内容
    ステッパーやルームランナーで足腰の運動を行い筋力の増加、健康維持。
  • 取組に対する成果
    毎日少しずつ運動をすることを目標としているが、楽しんで利用しいる従業員もみられ、リフレッシュにもつながっている。
  • 工夫したところ
    運送業という業種がら、夜間勤務者や不規則な時間で勤務する従業員が多いため、屋内で手軽に運動のできるステッパーやルームランナーを点呼場に常時配備し、点呼時に毎日少しずつ運動をすることを推進した。

禁煙対策

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    受動喫煙の防止
  • 取組に対する成果
    分煙化したことで建物内の受動喫煙はなくなり、空気清浄器の稼働負荷も減っている。
  • 工夫したところ
    建物内を全面禁煙とし、屋外に喫煙所を設けた。
    副流煙の流入を防ぐため屋外の喫煙所にて喫煙する場合は、必ずドアを閉めることとしている。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2017年11月~現在継続中
  • 取組内容
    感染症の社内拡大防止。
    就業規則第91条第1号、第3号にて病毒伝ぱのおそれのある伝染性の疾病にかかった者、及び厚生労働大臣が定めるもの及び感染症予防法で定める疾病にかかった者の、就業の禁止を定めている。
    季節性インフルエンザのワクチン接種を従業員へすすめ、希望者へはワクチン接種可能な医療機関を紹介した。
  • 工夫したところ
    季節性感染症の増える冬季には、ドライバーへ感染ウイルス除去スプレーを噴霧したマスクを、乗務員点呼時に点呼者が配布し、営業所内にて加湿器を使用した。
    インフルエンザワクチンの接種率を向上するため、接種者へは接種費用を一部負担した。

長時間労働への対策

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    労働大臣告示「自動車運転者の労働時間等の改善ための基準」におさめる。
  • 取組に対する成果
    「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」である1カ月の労働時間
    293時間以内に確実に納めているため、基準を超える従業員は2018年6月以降発生していない。
  • 工夫したところ
    就業規則内で業務時間の上限を定め、デジタルタコグラフィにて日々労働時間の集計を行い、負荷の偏りをなくすよう管理した。
    例外として繁忙期により超過してしまった場合は、次月に有給休暇を確実に取得
    し、前後の月単位で合計時間が相殺できるよう配車担当者が日々調整して管理した。
    さらに人員確保と労働時間分散の為、週休3日の従業員を新規で雇用し、従業員の負担の平均化を図った。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    精神疾患、不調者への支援。
    就業規則第42条第2号にて、精神上の疾患または不調により労務提供が不完全であり、またその回復に一定の期間を要するときには、会社指定の診断書を提出の上、上限4カ月まで休職を認めている。その後、治癒した際には職務に復帰させるが旧職務への復帰が困難な場合には異なる職務に配置することも定めている。
  • 取組に対する成果
    メンタルヘルス不調による休職する従業員は発生しなかった。
  • 工夫したところ
    精神上の疾患または不調者の出た場合には、相談窓口である業務課長との個人面談の上、休職を認め復職可能な職務への配置行い復帰を支援する仕組みをとっている。
    毎日の業務始まり、終わりの点呼時に、心身ともに不調がないか、点呼者が確認している。さらに業務部長又は業務課長(健康推進担当者兼任)が相談窓口として、従業員の不調確認や個々の相談を受け付け、周知を図っている。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2018年01月~現在継続中
  • 取組内容
    女性従業員の健康管理助成。
    健康診断の際に、女性特有の検診を任意で受診可能とし、費用を一部負担した。
    就業規則第34条第1号にて、妊娠中女性従業員から所定労働時間内に母子保健法に基づく保健指導又は健康診査を受けるために、通院休暇の請求があったときは休暇を認めている。また、就業規則第34条第2号にて、妊娠中の通勤時混雑を避ける緩和措置、休憩措置、勤務時間短縮、休業等の措置を講ずるものと定めている。
    さらに就業規則第35条にて、生理日の就業が困難な女性から休暇の請求があった場合には一日又は半日若しくは請求があった時間における就労を免除することを定めている。
  • 取組に対する成果
    女性特有の検診費用を一部負担することで、健診率のアップにつながった。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    愛知県トラック協会にて健康経営優良法人認定を受けた企業として講演を行った。
  • 取組に対する成果
    認定取得を目指す企業の方より、感謝と励ましのお言葉をいただいた。
  • 工夫したところ
    リスナーの各企業へ認定取得に向けた事務的な準備などの対策を具体的に紹介した。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す