1. HOME >
  2. 登録企業の紹介(検索) >
  3. 株式会社アスア

印刷する

株式会社アスア

カ)アスア

  • 101~300人
  • 医療法人/サービス業
  • 株式会社アスア
所在地 〒453-0804
愛知県名古屋市中村区黄金通1-11 アスアビル
URL https://www.asua.ne.jp
社員数 127名
業種 医療法人/サービス業
業務内容
物流・通信・IoTの総合コンサルティング事業

健康経営に関する
自社のセールスポイント

健康経営に関する自社のセールスポイント

今年はコロナウイルス影響もあり実施できませんでしたが、年に1度、社員旅行も実施し、積極的なコミュニケーション強化を図っています。社員旅行では、宿泊か日帰りかにパターンを設定し、多くの社員が参加できる環境整備を行っています。また、弊社代表取締役社長自身も生活習慣病対策に取り組んでおり、今年はコロナウイルス影響があり、毎月の受診は行えておりませんが、去年までは毎月医師によるメディカルチェックを受診しておりました。

すべて開く閉じる

取組状況について

健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定

  • 期間
    2019年06月~現在継続中
  • 取組内容
    健康に対する意識調査として社内アンケートを実施することで、その人の健康に対する意識レベル(行動変容ステージモデル)を把握し、毎月それぞれのレベルに合わせた「健康メッセージ」を個別に配布します。健康に対する意識に働きかけ、行動変容のステージを一つでも進めることにより、健康優良受賞者の人数増加を目指します。
  • 取組に対する成果
    メッセージの配信以降、昼食時にメッセージの内容が話題になり、実践している方が増えていますので、メッセージ配信による意識改善の効果を実感しています。
  • 工夫したところ
    定期健康診断の結果を基に弊社オリジナルの「健康優良賞」を定めて、毎年1月の全体会議にて表彰を行っています。

コミュニケーションの促進

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    各部署にて毎月、コミュニケーション促進のため社内にてアス会と称した懇親会を開催しています。
    アス会に係る費用は全額会社負担することで社員の負担なく毎月開催しています。
  • 取組に対する成果
    アス会を行うことでコミュニケーションが活性化されています。また、他部署との合同アス会を行うことで他部署との交流もあり、「大家族主義」にもつながっています。
  • 工夫したところ
    コロナウイルスの影響により、アス会が開催出来ずにいましたが、web会議システムを利用しwebでのアス会を行い、社員同士のコミュニケーションを積極的に行いないました。webアス会を行うことによりコロナ対策のテレワークや時差出勤による社員同士のコミュニケーション不足の改善にもつながっております。

従業員の感染症予防

  • 期間
    2014年11月~現在継続中
  • 取組内容
    全従業員を対象に毎年11月に社内にて、勤務時間中に費用補助を行いインフルエンザ予防接種を実施しています。実施日を複数設定することで、全従業員に利用しやすい環境整備を行っています。
    また、コロナウイルスの流行時には希望者全員に鼻うがいキットを無料配布し、感染予防対策を行いました。
  • 取組に対する成果
    コロナウイルス対策では時差出勤・在宅勤務を推奨し、マスク・鼻うがいキットを無料配布するなど徹底した対策を行った結果、コロナウイルスの感染者はいません。予防接種を受診しやすい環境づくりを行うことにより、年々、接種率が高まっております。
  • 工夫したところ
    実施日を2回~4回に分けることで営業で社内にいない人でも利用しやすい環境づくりを行っています。また、コロナウイルスの感染予防対策として、密の環境を作らないために受診時間を3つ分けて従業員同士が密集しない工夫を行いました。

受診勧奨の取組

  • 期間
    2006年05月~現在継続中
  • 取組内容
    健診日を決定し、メールにて案内を行います。また、受診していない方へは再度、連絡を行い、受診していただいています。再検査や精密検査が必要な方へも受診状況の確認を行い受診勧奨を行っています。
  • 取組に対する成果
    定期健康診断の受診率は毎年100%を維持しております。また、再検査等の受診率も年々向上しており、100%を達成目標としています。そうすることで、従業員の健康が守られていくと自負しております。
  • 工夫したところ
    定期健康診断時には、オプション健診や各自治体のワンコイン健診等の案内を同時に行い、より細かい健診の受診勧奨を行っています。また、再検査の費用負担も全額会社にて負担し、従業員が負担なく受診できるよう工夫しています。

50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施

  • 期間
    2016年10月~現在継続中
  • 取組内容
    50人未満の事業場(東京事業所)でも名古屋本社と同時にストレスチェックを行っています。また、高ストレス者には産業医との面談を勧奨しています。
  • 取組に対する成果
    ストレスチェックの受診率100%達成しました。
  • 工夫したところ
    結果を配布するだけでなく、相談窓口の存在も再周知することで、高ストレス者に対してのケアも行っています。

管理職及び一般社員それぞれに対する教育

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    年に4回行われる全体会議を利用して、安全衛生委員会メンバーにて健康知識向上に関するセミナーを実施しています。また、毎月個別に配信される健康メッセージ内でも健康をテーマとした情報発信を行っています。
  • 取組に対する成果
    健康メッセージの配信を通して、全社を通して個人の意識レベルが向上しています。また、意識レベルが下がっている方もいますが、個人のレベルに合わせたメッセージ配信を継続して行うことで意識レベルの引き上げを目指しています。
  • 工夫したところ
    健康メッセージの中でより具体的な内容になるよう、ストレッチ動画のリンクを記載したり、食をテーマにした際は年齢・性別に応じたカロリーを記載したメールを複数パターン作成・個別配信することで自分ごとと捉えてもらえるよう工夫しました。

適切な働き方の実現

  • 期間
    2020年07月~現在継続中
  • 取組内容
    超過勤務時間が15・20・25時間に達した時点で本人・上長・人事労務課へメール配信することで、超過時間が30時間にならないよう事前防止を行っています。
  • 取組に対する成果
    毎月の残業時間が平均10時間ほどとなっております。また、残業が多い社員へは上長が面談を行い、適切な業務配分を行うことで長時間労働防止にもつながっています。
  • 工夫したところ
    30時間にならないよう、早い段階での長時間労働防止を行っています。また、毎月、各課の上長へ会社全体の残業時間を展開することにより、全社的に長時間残業防止に取り組んでいます。

治療と仕事の両立支援

  • 期間
    2019年09月~現在継続中
  • 取組内容
    傷病や悩を抱える従業員への配慮・支援が行えるよう健康相談窓口を設置・周知しました。また、1時間単位での年次有給休暇取得制度は以前から導入しており、通院や治療可能な環境整備を引き続き行っています。
  • 取組に対する成果
    1時間単位での年次有給休暇取得制度は以前から導入しており、通院や治療可能な環境整備を行うことで、業務に支障をきたすことなく治療との両立が出来ています。また、相談窓口を通して、業務量の調整を行うことも可能です。
  • 工夫したところ
    相談窓口を明確化し、誰でも利用しやすい環境づくりを行うことで、早い段階で問題解決に取り組むことができています。

保健指導の実施

  • 期間
    2018年10月~現在継続中
  • 取組内容
    定期健診の結果、保健指導が必要とされた対象者に対して保健師による保健指導を行っております。
  • 取組に対する成果
    社内での健康意識が確実に高まっています。実際に健康診断の結果にも表れているようで、健診結果が社員同士で話題になっており、去年に比べて、健診結果が良かった社員から嬉しい報告もありました。
  • 工夫したところ
    健診時に個別にて医師による保健指導を行っております。

食生活の改善

  • 期間
    2015年03月~現在継続中
  • 取組内容
    健康に配慮した仕出し弁当メニューがある業者さんを取り入れ健康メニューを提供し、社内の自動販売機も健康に配慮したメニューへ変更しました。
    また、職場の健康づくりの一環としてオフィスヤクルトを導入しました。
    社内独自の健康メッセージでも「食について」発信しています。
  • 取組に対する成果
    自動販売機のメニュー変更後、多くの社員から好評のお声をいただきました。それだけ健康に対しての意識が高まっていると思います。
  • 工夫したところ
    社員それぞれのレベルに合わせた「健康メッセージ」の中に運動だけでなく、食をテーマにしたメッセージを送ることで、食生活への意識改善につながるよう工夫しました。

運動機会の促進

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    社内で「サッカー、フットサル部」・「ランニング部」・「ゴルフ部」・「ウィンター部」等を発足し、健康増進と社員同士のコミュニケーション強化の促進に取り組んでいます。
  • 取組に対する成果
    以前よりも部活動の種類が増えており、多くの社員の方が自分に合った部活動に参加できるので、運動機会の増進と他部署との交流が活性化されています。
  • 工夫したところ
    各部活動に係る費用を会社より補助を行い、参加しやすく、継続した活動が行えるようにしています。

禁煙対策

  • 期間
    2018年11月~現在継続中
  • 取組内容
    屋外の喫煙スペースに掲示物にて禁煙促進を行っています。
  • 取組に対する成果
    少しずつではありますが、社内の喫煙率は減し、低い数字で維持出来ています。
  • 工夫したところ
    喫煙者のプレッシャーになり過ぎないよう掲示物の内容も配慮し、喫煙者が自主的に禁煙に向かっていただけるような内容にしています。

長時間労働への対策

  • 期間
    2020年07月~現在継続中
  • 取組内容
    残業時間が15・20・25時間に達すると上長・本人・人事労務課へメールにて通知、30時間を超える見込みがあった時点で残業超過申請を行い、上長の承認を頂くこととしています。
  • 取組に対する成果
    残業の通知メールを自動送信してから、超過する人数が減少しました。月によっては30時間を超える社員がいない月もあり、平均残業が10時間となっています。
  • 工夫したところ
    お知らせメールを本人だけでなく、上長・人事労務課へ送付することにより、業務改善や業務配分を行ってもらっています。また、最終的な残業時間を幹部メンバーに展開することにより、個々の業務能率を高めて生産性向上を目指すとともに長時間労働の発生防止に取り組んでいます。

メンタルヘルス不調者への対応

  • 期間
    2016年05月~現在継続中
  • 取組内容
    健康相談窓口を設置し、メンタル不調者に対して相談しやすい環境整備を行いました。相談窓口には全社メールにて展開し、全社員が利用できます。
  • 取組に対する成果
    産業医との面談後は健康相談窓口でも定期的に面談を行い、業務量の調整等を行ってメンタルケアを行いました。復帰後のキャリアにも影響がないような職場環境づくりができています。
  • 工夫したところ
    相談窓口を明確にし、メンタル不調での休職者に対して産業医との面談や、職場復帰プログラムを活用できるよう工夫を行いました。

女性の健康保持・増進に向けた取組

  • 期間
    2019年09月~現在継続中
  • 取組内容
    女性特有の健康相談に特化した健康相談窓口を設置しました。
    雇用形態に関係なく全女性従業員を対象とすることで、正社員以外の方にも利用しやすい体制を整えています。
  • 取組に対する成果
    相談しやすい環境整備を行うことにより、重症化する前の早い段階で解決のサポートが出来ています。
  • 工夫したところ
    相談員を2人から4人に増員し、相談方法を対面での相談に限らず、電話・メールでも可能にし、相談しやすい環境整備を行っています。また、相談窓口の案内を女子トイレに掲示することで窓口の存在アピールを行っています。

他の企業等への健康経営の普及促進

  • 期間
    2019年08月~現在継続中
  • 取組内容
    ウィル大口スポーツクラブ様と連携し、弊社の「健康メッセージ」配信を行っています。アンケート内容に基づき個人の健康に対する意識レベルに応じた内容のメール配信を行い、健康に対する行動の促進を目指しています。
  • 取組に対する成果
    弊社での取り組みと同じように意識改善が見られています。また、時期やタイミングによっては意識レベルが下がってしまう方がいた場合でも、継続的にアプローチすることで、即改善できるような内容になるよう日々、改善を行っています。
  • 工夫したところ
    個人のレベルに応じたメッセージを配信することで、その人に寄り添った内容になり、日々の生活や行動に落とし込みやすい内容を目指しています。

規模から探す

業種から探す

取組内容から探す